築地市場の豊洲移転後。変化は?

2018年10月11日、築地市場は豊洲に移転しました。

詳しい内容はわからなくても、連日ニュースで報道されていましたので、なんとなく耳にしたことがある方も多いと思います。

しかし、その後の築地がどのような状態になっているのかは、あまり目にする機会がないですよね。
移転した後、現在の築地はどうなっているのでしょうか?

こちらの記事では、築地市場の豊洲移転後の変化についてみていきます。

●築地市場が全て移転したというわけではない

築地市場といえば、魚介類を取り扱った市場が、たくさん立ち並んでいるイメージですよね。「マグロのせり売り」などテレビでもよく見かけます。

そして、市場だけではなく、海鮮丼やお寿司など、新鮮なお魚を使った料理屋がたくさんあるイメージもあります。

ここで、築地市場の移転について詳しく知らないと、「移転したということは、もう築地には市場も飲食店も何も残ってないの?」と思っちゃいますよね。

しかし、移動したのは築地「場内市場」だけで、築地「場外市場」はそのまま残っているのです。

●豊洲に移転した「場内市場」とは?

築地は「場内市場」「場外市場」の2つのエリアに分かれています。

移転した場内市場の方は、魚やお肉、野菜などの卸売市場がメインであり、飲食店や小売店の人が食品を仕入れにくる場所となっていました。

一般の人でも場内市場には入れましたが、主に商売をしている人が買い付けにくる場所だったのです。

毎年ニュースになっている「マグロのせり売り」は、商売人が集まる場内市場で行われていたのですね。

場内市場は場外市場とは違って東京都に管理されており、「老朽化」「過密化」を理由に、2018年10月に豊洲に移転することになったのです。

ちなみに築地に東京の中央市場が移転してきたのは、1935年のこと。80年以上の歴史があったのですね。

かなり建物も古くなっていましたので、多くの反対もありましたが、移転は致し方ないものだったのかもしれません。

●場外市場は移転後でも大盛況!

場外市場には今でも400を超えるお店が並んでいます。

魚、お肉、野菜といった食品だけではなく、包丁、包材、食器類など食に関するあらゆる商品を取り揃えてあります。

もちろん、海鮮丼、お寿司屋をはじめ、沢山の飲食店も立ち並んでいます。

場内市場がなくなったことにより、確かに平日や、朝早い時間帯の人出は減ってしまいました。
しかし、平日のランチタイムや、土日に至っては今でも美味しい海鮮料理を求めて、多くの人で賑わっています。

また、日本食はもちろん、包丁、食器といった日本の料理具は海外からも人気が高く、外国人観光客も多く見られます。

●「場外市場」はこれからも食の街!

市場が豊洲に移転したことにより、それまで場内市場で仕入れを行っていた、プロの方々は移動が不便になりました。

特に銀座の料理屋など、隣の築地で仕入れていたのに、今では4キロほど離れた豊洲までいかないといけなくなったのです。

しかし、グルメを目的としている一般の人にとって、移転によってそれほど大きな変化は見られません。

残った場外市場はこれまで通り、海鮮物をはじめとした、新鮮な食材を使った飲食店が充実しています。

築地は今でも「美味しい海鮮物、グルメを楽しめる食の街」として賑わっているのです。

徹夜明け派?超早起き派?築地で美味しい朝ごはん!

朝早い時間帯に外食をしようと思っても、ファミレスや、ファストフード店くらいしか営業していていませんよね。 しかし、築地では、仕入れのために早朝から市場が開いており、それに伴って、朝の早い時間から開店している飲食店も多くあるのです。 こちらの記事では、築地で食べられる美味しい朝ごはんについてまとめてみました。 ●海鮮丼を食べたい! 築地といえば「新鮮な海鮮丼」ですよね。築地ではランチだけではなく、朝ごはんから海鮮丼を食べることができるのです。 ・つきじかんの 「つきじかんの」は朝の4時半から開店しています。 こちらのお店は豊富なメニューと、値段の安さが特徴です。 マグロ、イクラ、ウニが乗った「三種盛り」が看板メニューとなっていますが、その他にも全部で約60種類ものメニューが取り揃えられています。 毎朝のせりで落としたお魚を使っていますので、鮮度も抜群。 美味しい海鮮丼を安く頂きたい方にオススメのお店です。 ・まるきた1号店 次に紹介する「まるきた1号店」は朝の5時から営業しています。 こちらのオススメメニューは、その日の仕入れによってネタが変わる「おまかせ丼」です。新鮮なネタを11種類も使用しているため、1杯だけでも贅沢に築地の海鮮を堪能することができるのです。 「まるきた」で何を食べるか迷ったら「おまかせ丼」をぜひ注文してみましょう。 ●お寿司を食べたい! 築地に来たのなら「海鮮丼」だけではなく、朝ごはんとして、お寿司も食べてみたいですよね。 有名チェーン店「すしざんまい」の本店は築地にあります。もちろん24時間営業、年中無休なので、朝ごはんの時間にも利用できます。 注文は用紙に記入するだけなので簡単。メニューも豊富で、いろんな種類のお寿司を食べたいという方にオススメです。 ●築地はお魚だけではない! ...
Read More

風情味わえる築地は、最高の都内ランコース

築地は、都内のランコースとして最高の立地になっています。 初心者でも走りやすい「銀座、日本橋ルート」から、本格的に走りたいという方向けには「お台場、豊洲ルート」「渋谷ルート」などがあります。 いずれも、都内の観光名所も通過しますので、ランニングしつつ観光も楽しめるようになっているのです。 ●銀座、日本橋ルート 銀座は築地のお隣になりますので、距離としては短く約1キロ強になります。距離が短いので、ランニング初心者にはちょうどよいルートでしょう。 もう少し距離を伸ばしたいのなら、日本橋からスタートするのもいいですね。2,5キロ程になりますので、初心者でも走りごたえがあります。 高級なお店が並ぶ街並みを、颯爽と走りぬけるのは気分がよさそうですね。 ●お台場、豊洲ルート お台場から築地は約7キロとなります。 東京湾を横目に見ながら、国際展示場、有明を通過して築地に行くことができます。また、豊洲からランニングで築地に向かい、市場をはしごするのもいいですね。 豊洲市場では、まだ築地のような観光設備が整っていません。豊洲市場で「せり売り」などを見学した後、グルメは築地で楽しむというスケジュールもおすすめです。 ●渋谷ルート 渋谷駅から築地までの距離は約7,4km。軽いジョギングであれば約1時間ほどで到着できます。 六本木ヒルズ前を通過してそのまま最短ルートで築地に行くのもいいですが、ちょっと寄り道して「神宮外苑」「日比谷公園」で自然を探索することもできます。 その他では「ヒカリエ」「赤坂サカス」「ミッドタウン」など、観光もかねて都内の名所を通過するのもよいと思います。 ●築地でリフレッシュ 渋谷や銀座の雰囲気とは違い、築地に入ると風情ある街並みに変化します。時間によっては混雑はしていますが、昔ながらの懐かしい雰囲気に、ランニングの疲れも吹っ飛ぶことでしょう。 市場はもちろん「築地本願寺」にお参りしてみるのもいいですね。 ●ランニング後はしっかりとエネルギー補給 築地にはたくさんの飲食店が立ち並んでいます。築地といえばやっぱり「新鮮な魚介類」ですよね ...
Read More

築地といったら・・・カフェ?

築地といえば、市場がまず思い浮かびますよね。たくさんの人だかりで、活気に満ち溢れています。 しかし、一歩脇道に入れば、賑やかな市場とは打って変わって、オシャレなカフェや、レトロな喫茶店も充実しているのです。 こちらの記事では、築地にあるおすすめのカフェを紹介していきます。築地観光に疲れたら、カフェでコーヒーでも飲みながら、ほっと一息つくのもいいですね。 ●Turret Coffe(ターレットコーヒー) ターレットコーヒーは美味しいカフェラテが飲めるお店になります。芸術的なラテアートは見た目にも美しいですが、豆にもこだわっているので、味も本格的なものとなっています。 店の名前にもなっている「ターレット」は、築地市場で活躍する運搬車のことです。お店の中にも展示してあるのは、築地ならではですよね。 店頭に置いてある、真っ赤なベンチがお店の目印となります。 ●4SEASON(フォーシーズン) 行列ができるほどの人気店「フォーシーズン」では、喫茶店として軽食も充実しています。 刻み海苔と大葉をふんだんにまぶした「和風スパ」が、特にこのお店の人気メニューとなっています。パスタに醤油ベースの出汁がしっかりと染み込んでいるのが特徴です。 その他では、シーフードとウインナーが入った「ナポリタン」も元祖看板メニューとなっています。ケチャップのフルーティーな甘みが感じられると、多くのグルメ好きの舌を唸らせています。 生搾りされたオレンジジュースに、アイスクリームと生クリームがトッピングされた「オレンジフロート」も人気メニューです。 店内も落ち着いた雰囲気なので、築地観光で疲れた際の休憩としても最適です。 ●レンガ 「レンガ」も築地の老舗カフェとして有名です。お店の名前の通り、茶色いレンガ造りの建物に、赤いひさしが特徴的です。 こちらの看板メニュー「ホットサンド」は雑誌やテレビでも取り上げられるほど、定番となっています。 サンドでは珍しく、中の卵は半熟のオムレツとなっており、パンはトーストされていますので、「外はカリカリ、中はふわとろ」の絶妙な食感となっています。 その他、ひき肉と玉ねぎでしっかりと炒めた「ナポリタン」も、サンドと並ぶ人気メニューです。 大通りから外れたところにありますので、軽食はもちろん、静かにコーヒーを飲みたい時にぴったりのお店となっています。 ...
Read More

お魚嫌いが楽しめる築地グルメ

築地といえば「新鮮で美味しい魚介グルメ」というイメージが強いですよね。 築地の場外市場には400以上の店舗が並んでいるのですが、そのうち約30店舗がお寿司屋だと言われています。 海鮮丼、握り寿司、お刺身…。グルメ好きな方は、築地で美味しい魚介類をお腹いっぱい食べてみたいと思いますよね。 ただ、世の中には、魚介が苦手という方も多くいると思います。お魚が嫌いな人には築地は楽しめない場所なのでしょうか? いいえ、そんなことはありません。築地には海鮮以外のグルメも豊富に揃っているのです。 ●玉子焼き 築地には、玉子焼き専門店が多数あります。 まずはテリー伊藤さんの実家としても有名な「丸武」 熟練の職人が、丹念に玉子を焼き上げています。創立はなんと大正末期。 素材にこだわり抜いて、80年経った現在でも、変わらず伝統の味を守り続けています。 店頭にて、焼きたての玉子焼きを食べることもできます。 「つきぢ松露」も有名な玉子焼き専門店です。全国にも店舗がありますが、ここ築地が本場となります。 もちろん玉子焼きがメインなのですが、その玉子焼きをパンに挟んだ「松露サンド」もこのお店の名物です。 玉子焼きはふっくらとパン生地よりも厚く、玉子焼き本来の味を楽しんでもらおうと、余計な味付けはされていません。 玉子の甘みと、フワフワとした食感を楽しむことができる一品となっています。 ●ホルモン煮 「きつねや」では、じっくり煮込まれたホルモン煮を食べることができます。 ホルモン煮をはじめ、肉豆腐、焼き豆腐、そしてビールやお酒も提供されていますので、飲兵衛には嬉しいラインナップが揃っています。 また、ホルモンをご飯の上に乗せた、「ホルモン丼」もこのお店の名物となっています。 その他には、牛丼、肉豆腐定食なども揃っておりますので、飲み屋としてではなく、お食事処としても利用することができます。 ...
Read More

築地本願寺の新しい楽しみ方

「築地」といえば、魚市場がたくさんあるイメージが強いですよね。 市場だけではなく飲食店も多いために、築地といえば「食」の印象が強いかもしれません。 しかし、築地の見所は食べ物だけではありません。「築地本願寺」も観光名所の一つになっているのです。 こちらの記事では、「築地本願寺の新しい楽しみ方」について紹介していきます。 ●築地本願寺の歴史 築地本願寺は、浄土真宗本願寺派の寺院で、もともとは浅草近くに創建されていました。 しかし、1657年に江戸の大半を焼き尽くした大火事「明暦の火」で焼失してしまいます。 その後は築地に場所を移して再建され、関東大震災で再度焼失してしまいますが、1934年に建て直されたのが、現在の本堂の姿になります。 ●築地本願寺はオリエンタルな作り 築地本願寺は、一般的な「和風のお寺」ではありません。 インドやイスラムの建物のような個性的な作りをしており、本堂入口にはステンドグラスが張り巡らされ、動物の彫刻が境内のいたるところに設置されています。 「これもお寺なの?」と最初はびっくりされるかもしれませんが、そのオリエンタルな雰囲気に魅了されること間違いなしです。 ●夜になるとライトアップもされる 築地本願寺は、日没以降にライトアップされ、毎日21時半まで幻想的なお寺の雰囲気を楽しむことができます。 ●築地本願寺では宿泊もできる 築地本願寺はお寺にもかかわらず、なんと宿泊もできてしまうのです。 和室12室、洋室3室の計15部屋が用意されており、宿泊料金はお一人5000円〜、2人以上は9000円〜となっています。都内にもかかわらず、お手軽な料金ですよね。 事前に予約をすれば夕食、朝食を1階にある「日本料理紫水」でいただくことができます。紫水では市場で仕入れた新鮮な具材を使った料理や、古来から伝わる精進料理が提供されています。 ただ、築地市場も近いので、せっかくなら食事は市場の方で済ませて、宿でゆっくり休むというのもありだと思います。 0時から朝の5時半までは築地本願寺の出入り口は閉鎖されますので、夜中は人の出入りもなくなり、静かな時間を過ごすことができます。 ...
Read More